2016/06/25

鈴木八郎、過酷な庭 1/2


「鈴木八郎のまなざし - オリジナルプリント - 」

鈴木八郎(1900-85)の名前は、写真雑誌『カメラクラブ』『写真サロン』の編集長とアーカイブされていることが多いのかもしれない。戦前戦後という時代が激しく動いていたころのことだ。しかも、写真撮影のための指導書を60冊以上も出版し、晩年はペンタックスギャラリーの館長も務めた。