2015/11/13

サリー・マンと聖獣 1/2

童子の肖像は、ガラス細工だ。ヴァージニア州の自宅の庭で戯れる3人の子供たち。写真に映しだされたその姿は、ときにこの世の存在から乖離した美しさ、妖しさを漂わせ、ときに傷ついた野性の獣のように私たちの目に映る。サリー・マン(Sally Mann, 1951-) は、8×10ヴューカメラによって自身の子供たちを被写体に繊細な写真を撮った。