2015/10/25

ミンモ・ヨーディチェ、静寂の臨界

イタリアのナポリに生まれ、いまもその地に暮らす写真家ミンモ・ヨーディチェ(Mimmo Jodice,1934-)の作品は、静謐な画面のなかにただならぬ気配を感じ、見るたびに惹きつけられるものがある。緊張感が限界にまで達し、いまにも崩壊寸前の瞬間とでもいう感じ。空間や場所にこだわった写真という印象があって、そこに惹かれたのが最初だった。