2015/03/15

ガブリエッレ・バジリコと都市の記憶


イタリア人写真家ガブリエッレ・バジリコ(Gabriele Basilico,1944 -) の写真集『The Interrupted City』 (1999) に映しだされているのは、打ち捨てられたかような都市の姿だ。モノクローム画像 (一部を除く)として浮かびあがったそれらの現代都市には、なにごともなく整然と構造物が並んでいるのだが、そこに人の姿はなく、荒廃の風が吹いている。