2014/11/15

濱谷浩と関係性

濱谷浩 (Hamaya Hiroshi,1915) は風土とのかかわりにこだわって、写真をとり続けてきた作家だ。1956年の写真集『雪国』は、文字通り雪国がもつ場所性(placeness)が人々の営みを通して浮き彫りになっている。なかでもよく知られている写真は『歌ってゆく鳥追い』(上図)だろう。

ウォーカー・エヴァンスと社会

米国ミズーリ州セントルイス生まれの写真家ウォーカー・エヴァンス(Walker Evans, 1903-75) は、1926年にカレッジをドロップアウト。フランスに渡り、ソルボンヌ大学で文学の講義を受けながら、作家をめざすという文学青年だった。当時流行りの「ロスト・ジェネレーション」だ。