2012/12/19

マイケル・ケンナ:モノクロ世界 2/2

マイケル・ケンナの極北の美学には、たんなる抒情を超えた世界が広がっている。そこでは朽ち果てていく廃墟の美学ではなく、時間が結晶し、非現実化した空間美が写しこまれている。前述の原発の文章は2005年に書いたものだが、いま福島第一原発事故を経験したなかで、大伽藍という権威になぞらえた現代の怪物の不気味さは、いやがうえにも膨らみを増す。かつてそう感じたものは、物質的な恐怖よりも人間の罪深さとして強く意識するようになった。

2012/12/15

マイケル・ケンナ:モノクロ世界 1/2


はじめてマイケル・ケンナ(Michael Kenna,1953-) の写真集を見たのは、15年以上前の夏のニューヨークで、イーストサイドの大きな書店の書棚だった。その写真集には『Night Walk』というタイトルが記され、ページを繰り、妖しいまでに美しいモノクロプリントを目にするたび、まさに真夜中の神秘的世界をただひとり彷徨っているかのような錯覚を覚えたものだ。

2012/12/01

川田喜久治の粘りつく記憶


川田喜久治は、敗戦を17歳で迎えている。第一作品集『地図』がでたのはそれから20年後の1965年だ。しかし、川田の世代には、やはり戦争によって刻みつけられた身体感覚のようなものが、黒々と焼きつけられているという印象をもつ。しかも極めて完成度の高いかたちで。