2011/12/22

田原桂一のパリ


京都に生まれパリに魅せられた田原桂一は、高校卒業後に劇団レッド・ブッダ・シアターに参加した。そこで照明や映像を担当。1972年には劇団スタッフとしてヨーロッパ公演に同行した。公演がおわったあと、田原はひとりフランスに残ることを決心する。その後パリで写真家を目指し、自室の窓から見えるものを写真に撮ることから作家活動をはじめた。

2011/12/15

空を撮るということ


「菅原一剛の今日の空」というサイトがあって、2002 1月1日から今日までの空が撮影・公開されている。ほとんどが都市のスカイラインを画面の下4分の1程度に配置し、その上に空が写されている。それらの空の多くは、明るくて、どこかとらえどころのない印象だ。まるで彼岸の光景であるかのような感じもある。

2011/12/07

尾仲浩二、旅のノスタルジー


尾仲浩二(Onaka Koji,1960-) が写しだすノスタルジーは、ちょっと胸をかきむしられるようなところがある。印画紙に浮かびあがった画像が、どれもこれも映画のシーンのごとくドラマを感じさせるからだろう。ときにベンダース、ときにアンゲロプロス、ときに小津のように。

2011/12/03

北代省三の風

 リアリズム写真を中心に語られることの多い1950年代の日本写真界にあって、一方では前衛芸術運動の高まりとともに、さまざまなタイプの写真家が活動を展開していた。瀧口修造が名づけ親となり、岡本太郎の鬼子などともいわれた総合芸術集団「実験工房」(1951-57)の中心的存在だった北代省三(1921-2001)は、まさにそのひとりといる。